カードローンのリボ払いという返済方法

カードローンの返済は、リボ払いになっていることが多いそうですね。リボ払いというと、カードローンを使ったことがない人にとってはクレジットカードの支払い方式の方が印象が強いと思います。カードローンのリボ払いもクレジットカードとほとんど同じで、毎月ほぼ一定の金額を返済していくことになるそうです。
ただ、クレジットカードを利用したショッピングでのリボ払いと、カードローンの返済でのリボ払いは少し仕組みが違うみたいです。ショッピングの場合のリボ払いは、回を追うと残高が少なくなっていくので、毎月の支払い額も減っていくようになっています。ところが、カードローンの返済の場合は、基本的に毎月一定額の返済が求められるのが一般的だそうです。一定額の返済が続くので返済計画を立てやすいと言えるけれど、資金が不足してしまった時には少し苦しい思いをするかもしれません。
もちろん、カードローンを利用する以上は返済資金に余裕を持っておくことが大前提です。それができないと返済遅延を起こしてしまうので、カードローンを使う時は事前に毎月の返済額を確認し、それに合わせた返済計画を立てておくことを忘れてはいけないのです。出来れば、途中で臨時返済を組み込めると良いですね。


このページの先頭へ戻る