カードローンは貸金業法の対象外

カードローンの言葉から、「お金を借りる」を連想するのが一般的だと思います。
お金を借りることに関しては、人生様々と言われるのと同様に様々なことがあります。
「お金を借りて事業を興す」、「お金を借りて住宅を新築する」、「お金を借りて車を購入」、「他人には言えない事でお金が必要になって借りる」、「お金を借り過ぎて夜逃げをする」、「お金を借りて返済出来ずに自殺する」等など、ここに上げた事はチリほどの数で現実の世界には無数にあります。
この「このお金を借りる」ことに対応した「お金を貸す事を表す言葉」が幾つかあります。

 

「カードローン」「住宅ローン」「自動車ローン」などは銀行や信用金庫及び労働金庫がお金を貸す場合に使われる言葉です。
「クレジットカード」、「キャッシングカード」、「消費者金融」などは貸金業者がお金を貸す場合に使われる言葉です。
その他に、闇金融業者がお金を貸す場合に勝手な言葉使っている場合があります。
とにかく、似たようなこれらの言葉がチラシ、広告等で日常茶飯事見聞しているうちに、それらの厳密な区分がわからなうなってしまいます。
そこで、改めて「金融庁」のホームページから、それらの違いを確認してみました。

 

その確認で一番大事なことは、「貸金業者」とはどのような業者かと言うことです。
「貸金業」はお金を貸す業務を行うに当たって、財務局又は都道府県に登録している業者の事だそうです。従って、貸金業法の適用を受けている事です。加えて利用者として是非とも知っておくべきことは、「総量規制」つまり、お金を借りる人の年収に対して3分の1以内までしかお金を貸すことしか出来ない制限をしているのが総量規制です。

 

この3分の1をどのように把握しているのかと言えば、システム的に貸金業者から借りている実績を管理しているのです。1業者を管理しているのでなく、どの貸金業者から借りてもその合計額が分かるシステムになっているのだそうです。
このシステムの対象になっているのかどうかを、お金を借りる場合の重要な判断材料とするのが良いと考えます。
カードローンは総量規制を受けることもなく、銀行や信用金庫及び労働金庫で手続してお金を借りる方法です。


このページの先頭へ戻る